トヨタ「ノア」を高く売る!

ノアとは、トヨタ自動車から生産・販売されている自動車です。
ノアは、5人から8人もの乗せられるミニバン型の乗用車となっています。
現在、ノアは2代目のモデルとなっております。
初代モデルは2001年から製造販売が開始されています。初代ノアは、当初は同社から販売されている自動車であるタウンエースノアの後継者として登場しました。
ちなみにプラットフォームは完全新設計となっているのが特徴です。
初代ノアは、その後マイナーチェンジを行いながら2007年まで生産・販売されました。
2代目ノアは、2007年から現在まで生産・販売がなされています。
2代目ノアは、初代目が好評であったために、キーコンセプトでのフルモデルチェンジとなり、大きく様変わりしました。
しかし、プラットフォームなどは初代の物を改良しそのまま使用しています。
初代と比較してエンジンに加速性、燃費性が向上しています。
この様にノアは、トヨタ自動車から販売され地得るミニバン型の自動車であり、同社から販売され地得るタウンエースノアの後継として開発設計され販売されたのです。

 

車下取り 名古屋

自動車の残価設定ローンとは

いったい自動車ローンのひとつである残価設定ローンとはどのようなものなのでしょうか。車を買おうとするときに、最初から購入する車を2〜3年で下取りに出すと決め、差額をローンとして支払うための残価設定をその時点で行う方法です。自動車購入にあたって300万円が必要なとき、自動車ローンをそのまま組めば必要なのは300万円のローンを組むことです。残価設定ローンの場合、2年後に120万円で車を下取りに出す前提だった場合、180万円のローンを組みます。ローンの返済負担が少なくなることでできるようになるのが、、長年憧れていたワンランク上の車を買うことです。リース契約ににた方法のようですが、残価設定ローンでは、ローン完済後は3つの選択肢があります。1つ目の方法は、次の新車に買い替えるというものです。3年も経てば、新しい車が出ているのも事実です。多くの場合、3年前にはなかった機能がついているのではないでしょうか。この方法でメリットがあるのは、次々に新車に乗りつづけたい人です。販売会社に決めておいた予定どおり車を返すというのが2つめの方法です。購入してから生活スタイルも3年も経過すればラ変化し、引っ越しや結婚しなどで車がいらなくなる場合も多いのではないでしょうか。3つ目は、残価を一括払いにすることで、車を買い取るというものです。愛着をもって3年間も使ってきた車を、今後も自分のものにしたいとあらためて思う人もいるはずです。残価設定ローンを利用して車を買っておけば、3年後に改めてライフスタイルに合わせた車の持ち方が選べます。


このページの先頭へ戻る