アスパイア車種紹介

アスパイアは三菱自動車工業が製造・販売をしていた中級セダンで、1998年に販売を開始しました。アスパイアの車種名は「大志を抱く、憧れ」という意味を持っているものです。アスパイアは三菱自動車工業のカリスマの後継車であるとされ、三菱カープラザ店で販売をされており同じ三菱系のギャラン店では8代目ギャランが姉妹車として販売されていました。この8代目ギャランとアスパイアの違いはごく些細で、エクステリアの違いとしてはヘッドライトとりあらいとのデザインが異なることと、車の三菱マークが赤色であること、ギャランがMT車があったことに対して、アスパイアは全車ATのみということくらいでした。2000年にはマイナーチェンジが行われ、当初4G93 1.8L DOHC GDIエンジンを搭載していたものを、4G94 2.0L DOHC GDIエンジンに差し替えました。さらに2002年にもマイナーチェンジが行われています。しかし、2003年には三菱カープラザの販売網をギャラン店に統合したため、ギャランと競合するアスパイアは販売を終了しました。ノアの買取


このページの先頭へ戻る